正論
 ・・皆に正しいと思い込まれている一般形式・・・だから、つまり.反論しちゃマズイ・・
          
            金権選挙の本場である我が千葉県には・・・
代金も払わずに投票を頼むような 常識の無い人間を議員にするわけにはイカン」 という、
かなり説得力のある正論があります。
その他の正論の・・ウソをつくのはイカン。嫁さんは大事にすべきでアル。安全は全てに優先する。
神は敬うベキである。法律は守るべきである。他人が嫌がる事はすべきでない。有害物を出すのは
イカン。犬は繋ぐべきである。サンタさんは居ない。猫を捨るな。


正論は、多数派の 規則道徳正義真理等が化けたものですから、反論する者は、その
多数派によって、無法者・不道徳・悪党・馬鹿・等のレッテルを貼られます。

                    実験
PTA会議や、主婦連総会や、労働規準局や、会社で「ウソのつきかたをチャンと教えるべきだ」
か、「アタシャ脳天踵落しで嫁さん黙らせとる」とか、「万人は怪我する権利を有する」とか、「サンタ
さんは絶対おります!」
とか、言ってみましょう・・

   ・・正論にはいろんなパターンがあります・・  

         独立愚連隊正論・・周り構わず、独立独歩する正論
       動物愛護運動に行ってきます。・・うちは肉屋なんだからサ、頼むから、家の前では止めとくれよ・・
 まあーもるっもせえーめるっもくうーろがっねーのー・・国賊討伐せよオっ!・・おぎゃー・・あ目え覚ましちゃった。ヨシよし

  お飾り正論・・・結論を正当化する目的で、要所要所に目立つように挿入する正論
        隣の家が燃えているというのに、・・危ないからといって!何もしなくていいのかっ!
   ・・ということで・・これから隣へ柿を盗みに行く!・・・ ・・・何かチョッと違うような気がするけど・・・・マいっか
            名月や、ムシが鳴いてるチンチロリン、それにつけても金の欲しさよ
             春霞、花にチョウチョに排気ガス、それにつけても金の欲しさよ
          何ゆーとるのか、よー分らんのに、ミョーに説得力があるんだよなー・・・何故か

                場違い正論・・・TPOを外した正論
  早くうーっ!浮き袋投げてくれー!・・ブクブクブク・・・・貧しい人には教育を・・今学校建ててるからネー! 

               おかま正論・・外見と中身が食い違う正論
 アタシイ、ずーっと人助けばっかりして来たのよオ。 それってだいじな事でしょオ。 あ、この沢山の戦利・・いやお財布?
     いいじゃないの、そんな事気にしなくてもオー・・それでみんな身軽になったんだしイ、オッホッホッ・・

               お前に言われたくない!正論
          正義と人道にのっとり溺れている人は、我らは必ず助けます。アーメン。  
                   ・・・クッソー、テメーが船沈めといてからに!・・・
      忘れなあいでーお金よおりもーたあいせつなものがあるうー(^^)
 オオー!どこじゃ、格調高い道徳コマーシャル流しとるのは・・・?サラ金?・・・ブラックジョークか・・

     虫眼鏡正論・ ○×白黒で、ひたすら重箱の隅をホジクリ返す正論。
干物を焦がすと、ダイオキシンが発生する可能性があります。焼肉、焼き魚も危険でゴザイマス!煙草?ダッダメーッ!

     爆発正論・・・正論は爆発ダアーと、宇宙の果てまで、拡大展開される正論
 (人権は守られねばならぬ!・・強盗のも、人攫いのも・・アそれから今爆弾落としてる爆撃機のパイロットの・・)

       ドメスチック正論・・・同じ穴のムジナ内で成立している正論中の正論。
天皇は神である・・神主さん○牧師さん× 登記簿に載ったから、俺の土地だ・・自国民○雀×蟻×みみず
×猫×タンポポ× あめりか?? 
これは食用蛙です・・調理人○食用蛙ブーイング・・悪いと思とるんやったら
指詰めて持って来んかい!
・・極道の皆様○堅気の衆×

     インタナショナル正論・・・全世界で通用する、と強弁されているドメスチック正論
                       どこやらの凶暴系大統領の演説

       鼻つまみ正論・得手勝手な、ダブルスタンダード正論
                     どこやらの凶状持ち大統領の演説

   恫喝正論・・どすを利かせて周囲をビビらせ、力ずくで作る正論。どこやらの得意技
        ホレッ・・臆病者ども・・一緒に歌え!・・・・・カ〜カ〜カラスはシーロいー・・
 インタナショナル鼻つまみオカマ恫喝お前に・・正・・お前か?俺を褒めてくれとるのは?アリガトよ・・かかかっカラスは・・・

   足し算正論・・無いよりは有る方がいい、少ないよりは、多いほうが良い、やらんよりは 
やった方がいい、という論理で、ひたすら足し続け、
デメリットを考えない正論

お客様、これが我々の持っている技術を全部集めた最新型旅客機でございます。
3人乗りイー?ジャンボの5倍もあるのに?・・ところで何で飛行機に潜望鏡やキャタピラが付いとるの?・・御説明いたしま
す。太平洋に墜落しようと火星に不時着しようと、快適に生き延びるためでございます。・・
このバックホーみたいな出っ張り
は?
・・ご説明いたします。芋畑に墜落したとき、これで掘って食料を調達するためでございます。それじゃ芋泥棒じゃない。
お百姓さんが怒鳴り込んでくるよ。
ご心配なく(^^)、威嚇射撃装備が付いてございます。これがそのゴジラも腰を抜かす30
インチ大砲で・・・   
・・・・・・

  引き算正論・・それにはこんな欠点がある、あんな欠点もある・・とひたすら短所の収集に勤しみ
          長所には目もくれず、「よってコレは全然ダメである・・」と決め付ける論法。
         カミサンが亭主の評価に使う伝統的論法はコレである・・
と言われているそうです・・

  何か、カモシレナイ正論
・・・・もし何かあったら・・どうする!・・
   ・・と・・“実体が見えぬ悪魔”の影を言い立てる正論。
 ちなみに、“何か”や“悪魔”“神”“存在や非存在”の立証は、論理的に不可能ですから、
 それが居るカモシレナイ・・という論や居ないかもしれないという論に反論する事は不可能です。
      そういう意味では、これは正に“究極の正論パワー”を持っています・・が・・
  これには・・漠然とした仮定のご質問にはお答え致しかねます・・というストレートパンチ系と、
  シカルベキ適切な対応を致します・・という、五十歩百歩系の返答が用意されています。
   

  絶対正論・・・“何か”や神悪魔等の蜃気楼みたいな得体の知れないものと正反対に、
   「絶対」や「永久」や「100%確実」等の極端な概念持ち出す究極の虫メガネ正論。 
   上役の頭を金属バットで殴ったら・・痛がるか、大怪我するか、死ぬか・・何れにしても、そういった結果になる事は
   ほぼ確実ですが・・絶対そうなると言いきれるのか?!」・・といわれたら・・この世に「絶対」
   なんて 因果関係は、ほぼ有得ませんので・・そう返事したら・・
   「そんなイイカゲンなやり方は認められん!」・・という具合に、「絶対では無い」=「不確実」=
   「出鱈目
」・・という具合に強引に等価変換(^^;)する論法。
   声が大きい人が使えば、無敵の正論。 
   「じゃあ絶対に出鱈目だと言い切れるのか?!」と同じ論理で反撃したら・・つかみあいの喧嘩
   になるのは絶対確実です。・・イヤ・・やっぱり絶対とは言えんなー・・

   これの凄さは、どんな原因でも、あらゆる結果と自由に結びつけられる事です。
   喫茶店でカレーを食っている時に、頭にハエが止まった⇒大丈夫か?何かの重病になったら
   どうするのか? 「なりゃしませんよ。大袈裟な・・」「あんた、何を根拠に、絶対ならないと言う
   のか。」「いや絶対とは言いませんけど・・」「ホレみなさい。アブナイということじゃないですか・・
   あっ!表を黒猫が走った。不吉な事が起きる前触れだ。」「んなアホな・・」「あんた、それが
   絶対間系ないと証明出来るのか?」「そりゃ無理ですよ。」「ホレみなさい!」・・という具合に・・
     ・・反論の仕方? ・・全部認めて、同じ世界にどっぷり浸かればイイんですよ。
  ・・どうせ因果も論理も間系無い世界なんですから・・
  「もし、そうなったら・・何かしかるべき適切な(^^) 対応をさせて頂きます。」
  ・・とか意味不明なことを言って反論を封じ・・
  「腹が痛くなった」とか言ってきたら、「“絶対あれが原因証明出来るのか?・・ホレみなさい・・
  ・・とか・・「イイや・・それは人参のタタリです・・」・・と・・攻守逆転させて・・
    (やはり、喧嘩になる可能性は大ですが・・)


  絶対お徳用正論・・上記の「絶対」や「永久」を多少値下げして、「科学的、合理的、実務的」
   と錯覚させる正論。
   「耐久性が良い新建設法を持ってまいりました。」
   500年持つと立証できますか?・・500年耐久した実績は?」「いや・・そ、それは・・・・
  そんな事言われたって、誰が500年かけて実験出来るんだよ・・・大体、誰が、何を根拠にそんなこと言えるんだ・・」

  「
我々国民から税金を付託された者としては、確とした科学的証拠が有る物しか
   採用出来ません。・・味噌汁で顔を洗って、出直していらっしゃい。

    
は、はい・・失礼しました・・・・チキショー、メチャクチャ言いやがって、・・東大の先生や
    オックスフォードの先生が同じ事言ったら、確だの科学だの言わずに、すぐ信用するくせに・・」
 
  「何かおっしゃいましたか!」  
「イ・・いや・・今日は良いお天気で・・ぱぴぷぺぽ・・」 

  濡れ衣正論・・・原因と結果を何の証拠も無しに結びつける正論。
     これはもう、某汚職常習党の政治家の独壇場ですから、実例を並べる方が早い。

  コイズミ総理の構造改革成果で〜⇒堀江さんという時代の寵児が誕生しましたが〜
             ・・と自画自賛して・・で・・ホリエが逮捕されたら・・今度は・・
    堀江のような人物が出てくるのは〜⇒今の教育基本法に問題が有るからです〜
    ・・だと・・(^^)    二つ合わせると
 コイズミ改革の成果と、教育基本法に問題が有ることによって堀江のような時代の寵児が
 誕生しましたが〜
??  なんのこっちゃ(^^) 
    
    何言うとるのか分らん、こんな脳味噌スポンジみたいなやつが次期総理候補とは・・
    背筋が寒くなる・・ゾクゾクッ
  あの連中にかかると、アラカワシズカが金メダル取ったのは構造改革の成果、
  戦後の経済繁栄は靖国神社の御霊のおかげ、少年犯罪が増えたのは、学校で日の丸
  を揚げず、君が代を歌わんやつがおるから・・などと・・フットワークの軽やかなこと(^^)・・
    ・・分った分った・・何でもええから証拠を示せ証拠を・・


      そこのけそこのけ、正論が通る

     正論の法則T・・・お目付け役が任命されると、手段は目的化する

正論は、しばしば、成立の前提条件や範囲や目的や集団のシガラミを逸脱して、一人歩きを始めます。
数学以外に100%正しい論理なぞ無いはずなんですが、その数学だって、その公理体系の中で
は・・という条件枠がついているんですが・・正論族にかかると、正論は “無条件の絶対の真理
として扱われます。 もはや宗教です。騒動を起します。

     宗教警察・・改め・・)安全管理委員会 
  友人が焼却炉の改修に携わっており、正論お目付け役に悩まされているようです。

今までの現場が、突如、超危険エリア格上げ(格下げ?)され、原子力施設並の厳重隔離で仕事
をやれって言うんですから、やってる方は戸惑います。

・・何だよ、大袈裟な・・今までに、ダイオキシンで死んだ奴なんて、日本に居るのか?

大体、亜米利加が越南に何十万トンもばら撒いていた時は非難も何もしなかったお上が、仮面ライダーみたいに豹変して
“ピコグラムでも危険だ!”などと言い出すのですから、マンガです。

       しかし無論、オカミの代理人に逆らっても、勝ち目はありません。
       安全第一という正論に基づいて、マスクを付けさせられます。

      普通のじゃ不完全だ、エアラインマスクにすべきだ、

             という、さらに厳密な正論も出ます。
エアホースをズルズル引き摺って足場組めってのか? オメー、チョッとやって見せてくれ!

    ホースが邪魔なら酸素ボンベ背負えばイイでしょ。頭を使いなさい。

      俺たちを転落させて殺すつもりか? 帰る! 鳶の連中は押しが強い。

       じゃ、特別に、普通のマスクでもイイ事にするよ。

 ウウッ・・これと熔接面一緒に付けたら、前が見えんのですが・・どうすりゃ・・?

     自分で工夫しなさい。私達の知った事ではありません。
     決められた規則を守らせる事だけが我々の仕事です。

            熔接屋・・黙る・・・熔接屋は押しが弱い・・・・
               (イヤガラセしてるだけジャねーか・・ぶつぶつ)

       作業服についた塵一粒も、外部に漏れてはナラヌ・・

       ・・という事で、使った作業服は絶対外に持ち出さず
   一度でも脱いだ作業服は必ず捨てる事が義務付けられたそうです。
      (どーも、どっかの原子力施設の操業マニュアル探してきて、コピーしたようです。)

  チョッと待て!“脱ぐ”の定義は何だ?」暑さでファスナー外しても脱いだ事になるのか?・・

   そうです・・厳密に守って下さい。できればそういう行為はしないように・・

休憩や食事やトイレ等で、外に出る度に、ファスナーを緩める度に、捨てていたら、毎日10着は必要です。
結局、費用が掛かりすぎるので、規則を緩め、1日3着だけ使い捨てる事で妥結したそうです。
 一方、 “使い捨てた”と申告して、使いまわしする不届き者が、必ず、続々出てきます。
 そこで、地面に広げて並べた証拠写真を毎日撮って、提出する事が義務付けられました。
   しかし何百枚も並べた写真を毎日勘定するのが大変だったらしく、すぐに申告制に戻されたそうです。

 布製の服は、織り目から塵が潜り込んでくる可能性があるのでキケンだ・・

という重箱の隅をつつくような正論が出て、タイベックという不織布(ポリプロピレンの布織布を薄いポリエチレンのフィルムで挟んだもの)の作業服を着るベシ、という事になったそうです。
            しかし、当然、ミシンで縫ってあります

     ダイオキシンの塵が、縫い目から入る危険性が考えられる・・

という、重箱の隅のダニの弁当箱の隅をつつくような正論が出て、糸で縫ってない作業服を使うベシ、という結論になった・・が・・メーカーが作っていなかった・・・ので・・・あっさりと、

           それなら、糸で縫った物でも宜しい・・・

   と引っ込めたそうです。ナンだよ!その程度の理由で引っ込めるんなら、始めから、言うなよ。
      で・・ともかくタイベックを使う事になったそうです・・が・・
  タイベックは、熔接の火の粉が飛んで来たら、すぐ着火します。良く燃えます。
 で・・熔接屋は身の安全のため、その上にいつもの耐火作業服を着て仕事をしています。
                 家に持ってかえって洗濯しています。

         一方、とび職連中は・・またひと悶着起したそうです。

        キチンと常に、安全帯を繋いで作業をして下さい。

              移動するときはしょうが無いだろ?

 安全帯を二つ着けて、両手に持って、一つを外す前にもう一つを繋げばいい・・・

         カニや蛸じゃあるめーし、仕事する手はどうすんだ。
大体、足場組んでる時、フック何処に引っ掛けるんだ。足の下ってんじゃ無いだろうな?

          規則です!屁理屈言わずに守ってください。
     私達はアナタ方のタメを思って、(うるさく)言っているのですよ。
 皆さんが無事に帰ってくるのを、ご家族が待っていらっしゃる事を忘れないように。

だからよ、そのタメが、かえって危ねーって言ってるだろ。落ちたら責任とってくれるのか?

                   ・・・・・

            で結局、両者大人の態度で歩み寄り・・現在は・・
 鳶の連中も、地面を歩いている時と車の中では、おとなしく二個の安全帯を着けています。
 (邪魔になってアブナイので)現場では全員一個外している・・が・・委員会は、見て見ないふりをしています


       正論の法則U・・関所には通行料が付帯する

 (知らぬ間に、カミが作りき料金所、タダで越されぬ白河の関・・)技術基準
    (酉の市熊手付き判子押しロボット・・改め・・)技術審査機関

・・椅子にふんぞり返る→客が頭を下げて出向いて来る→持ってきた書類に盲判を押す→大金が振り込まれる・・
そんな罰当たりな商売ないかしらん・・あるわきゃ無いよなー・・あとで閻魔大王にリンチされるよなー・・と思いきや・・・・

公務員は公務で勝手に金を稼ぐ事を禁止されています・・大抵、守られています。当然です。
例えば、取り締まった罰金を、家のローンや飲み代に充てたり、犯人逮捕に代金を請求できるとしたら・・貧乏人にとって、警察は疫病神でしかありません。
消防車と値段交渉しなくちゃいけないんじゃ、気軽に火事も出せません。
 軍隊が出稼ぎを始めたら・・・悪夢です・・・・が・・ 
検査、審査、許認可 等、往々にして毒にも薬にもならぬ仕事の分野では、外郭団体という役所もどきを作って、(大儀名分を“こじつけた”)公務もどきをやり、金を徴収するという罰当りビジネスが行われる事があるそうです
 
権力の集金装置としては、古より、関所を作って通行料を取る・・という簡明な手法があります。 
      シンプルいずベスト・・ということで、現在でも多用されます。
ただし、・・・「公的関所だ!命が惜しければ、おとなしく金を出せ!」というストレートなやり方は、相手の恨みを買いますし、一つ間違えば恐喝罪になります。
ヤクザだって、一応、「ヤクザモンから店を守ってあげる。」という、それらしい名目でミカジメ料を集金しているくらいですから、いかに役所もどきとはいえ、真っ当でない金を出させるには、同様の何か婉曲で耳ざわりの良い詭弁で市民を“だまくらかす”必要があります。

で、しばしば・・無知な一般市民を悪質業者から守るため・・(業者の)技術の向上のため=程度の低いバカ共である業者に、科学技術を指導してやるため)・・等々何にでも付着可能な“お飾り正論”を枕詞にした技術基準なる物を作り、審査に合格したら(=言う事を聞いたら)合格証を与える・・という“一見もっともらしい”手口が採用されます。
 その合格証と引き換えに大金を巻き上げれば、(法律的には)恐喝罪に問われません。
  売った合格証に“有効期限”を設定して、繰り返し金をムシリ取る・・という、悪辣な、奸策も使われます。
         

  さて、古今東西、何であれ、嫌がる相手に言う事を聞かせるには、アメとムチが必要です。
つまり、オカミに従う者にばをさせ、無視する不届き者痛い目に会わせる手立てですが、
法律や通達などで、合格証の取得を義務づけたり、仕事をする場合にそれを“提示”する事を求めさせたりすれば、従った業者に仕事が廻り、従わない者を干し上げる事が出来ます。
  しかしたとえそこまで出来なくても・・
日本では、“役所と仲良し”というだけで何故か“信用”“箔”がつき、それは仕事をする上で何かと有利に作用します。
 また、幸い?、かなりの日本人が、何となく、役所のお墨付きの無いものは不良品である・・という論理的にいささか問題がある考え方をしているのに加え、お墨付きを買った連中が、そういう風説を熱心に流してくれますので、不届き者は自動的に不利な立場に立たされます。
 “権力の悪用”と悟られずに、通行手形を売りつけるには、恵まれた環境です。

ところで、技術基準を作ると言ったって、そういった役人くずれ役人もどき共は土台素人ですから、地道に基礎研究をするとか、自分で実験して確かめるとか、コンセプトを自分で考えるといった事など、する気も無いし、出来るわけもありません
        自分で作れるのは、看板とハンコと振り込み口座だけです。
          手間が掛かる雑用は民間人にやらせるのが通例です。
で・・適当な取巻き業者や学者や、ロクに実務を知らぬコンサルタント等を掻き集め、当り障りの無い文献やグラフや数式や一般論形式論を寄せ集めたパッチワークを作らせます。
そこに各自、自分の経験と技術レベルに応じた色んな事や、自分に都合のいい項目を押し込み、
仕上げに、大学教授、博士、有名企業の技術部長や主任研究員、役所の技術者等々の多数肩書き(名前付き)を飾りつけて、権威信用を演出します。・・「御異論がございましたら、かかっていらっしゃいませ。袋叩きにして差し上げます。」・・という威嚇にもなります。

報告書は薄いと軽く見られる関係上、少なくとも厚さ5cmは必要ですから、JIS規格等を引っ張り探して水増しし、内容のスッカラカン度を増幅させつつ厚みを稼ぎます。
                  それで雑用は完了です。
 申し込む業者は、この技術基準に指定された(ピント外れみたいな)実験を(どういう訳か)全部自分でやらないといけません。その結果を、申請用紙に書き込んで申請します。
             ⇒判子を持ってふんぞり返る⇒・・⇒振り込まれる 
               実例?・・・・・・私は知りません

規制規格取締り規格作って頂いて・・こういう類の動機が不純な規制や規格を作ったヤツラは、即刻“血祭りに上げて”頂きたいものです。 ・・予算足りなきゃ、ボランティアで手伝いに参加します・・千葉の不届き者・・印・・
                             (・・“参加資格” で金取られたりして・・)

                トップページに戻る