樹脂ライニング材に溶剤を加えるとどうなるか

塗料メーカーから発売されている大半の無溶剤エポキシライニング材には、(たとえ溶剤と表示されていても、)溶剤が入っています。(言葉の目くらまし参照)


          溶剤を入れるメリットは、次のようなことです。
・粘度が大幅に低下するので、作業が非常に楽になり、能率が上がる。
・消泡剤やレベリング剤が効きやすくなるため、仕上がりがきれいになる。
つまり、目先の利益があります。

         入れるデメリットは、次のようなことです。
・残留応力が増大する。
ライニング膜は、塗装と比べはるかに厚いので、溶剤は塗装のようには簡単に抜けません。勢い、硬化後ゆっくり抜けていくことになります。もしそれが樹脂の5%であったら、5%分の収縮が生じないと安定しませんが、硬化が終わっていれば、収縮できず、その分の残留応力を発生させます。これが接着界面に働けば、剥がれを助長します。
剥がれと界面応力 参照)
・膜の物性が変わる。
溶剤を加えても、全部蒸発すれば残ったものは同じだ。”と考えてはいけません
           違うのです。       入れたら変わります
例えばエポキシ樹脂に硬化剤を加えて混ぜ、二つに分け、一方にその辺の溶剤をほんの少し加え、同じ条件で固めて、物性テストをしてみてください。
溶剤を入れた方は、
      *吸水率が大きくなります。
      *通常、耐溶剤性も、低下します。
   つまり、何かが変わり、大抵悪い方に変ります。
 ・・で・・残留応力やこういう物性変化の悪影響は、ずっと後になって出てきます。

例えば、吸水率が大きいということは、極性成分に対する遮断性が小さいということを意味し、大抵の腐蝕性物質が透過しやすいということを意味します。
さらに、乾湿に応じて伸び縮みするということであり、そのことは接着面にそのストレスが掛かるという事です。ストレスは、剥れを助長します。
(接着界面にかかる応力は、伸び量をA、塗膜の弾性率をB、塗膜の厚さをCとすると、A×B×Cで表現されます。ライニングは塗装より桁違いに膜厚が大きいので、接着界面にかかる応力も桁違いになります 

溶剤の臭いや安全性に関する問題とは別に、溶剤を加えると、こういう(物性の)違いが生まれる、という事には留意すべきです。
どちらを選ぶかは自由ですが、耐久性を重視するなら入れない方がいいと思います。

(率直に言えば・・・“防蝕ライニング材に、溶剤を入れる”なんてのは、仕事を知らないシロートのやる事だ、と思います。)


   “デタラメ施工”の手段としての「溶剤添加」

上記は、溶剤が混ざり、かつ、それが完全に抜けて、外見上何も問題が無いように見える場合でも、様々な、「“物性の変化”が生じていますよ。」という話ですが・・

ところで、現実世界では、そういうビミョーな話では無く、もっと次元の低いインチキ施工の手段として“溶剤添加”“頻繁に”行われています。


例えば冬季は、夏や春と比べ、無溶剤樹脂の粘度は格段に上がり、そのことによって、作業性が極端に悪くなりますが、その悪化した作業性を良くするだけの目的で、溶剤を加えて粘度を下げるという行為が行われます。
もっとヒドイのは、冬でなくても、“もっと楽に能率良く作業したい”という考えで、溶剤を加える事も行われています。
                  その結果、どうなるか。
(それ以外の様々なインチキテクニックとの相乗効果によって、無数のトラブルが発生しているようですが、その数の多さと原因の幼稚さを見れば・・もしかしたら、悪意でそうしているのではなくそういう材料メーカーや施工業者や元請や発注者は基礎的な実務知識を持っていないのかも知れません。)

そういうトラブル例や、問題のある施工法については、独立した項目として、一つにまとめたほうが分り易いと思いますので、そのうちそうする予定です。⇒⇒?例えば?



トップページへ戻る