接着部のデザイン



“接着力”の説明で少しふれたように、接着部分をどういうデザインにするかで、耐破壊力は大きく変わります

例えば、次のような形では・・・

 
この接着デザインは
⇔方向に力が加わる場合   端部を図のようにすれば、   ソケットをかぶせて接着
は、最悪です。          局部的な応力集中を防げ   すれば、最も壊れにくい
この形なら、硬い接着剤    ますので、破損しにくくなり   形になります。
よりゴム状の方が、耐衝    なります。
撃性は高くなります。




              ⇒この方が端部が強くなる。   ⇒この方がさらに良い。





端部のビス止め、リベット止めと組み合わせると単独よりずっと強くなります。


熱膨張率が大きく異なるものを、熱変化の大きいところで使う場合は、
@接着剤にゴム弾性をもたせて、歪みを逃がす。
A剛直な接着剤の接着力で、伸びを押さえ込む。
という、二つのやり方が考えられます。



いずれにしても、左の図のような安直なデザインは避けるべきです。
右の図のように、接着プライマ−にゴム弾性をもたせるだけでも、耐熱衝撃性は改善されます。

(耐水や耐薬品の場合は接着部の“形”もさることながら、接着剤の耐蝕性や被着体の表面処理の仕方が、大きく影響します。)

以上のように、“接着部にどんな力が加わるか”ということを予測し、その力が接着剤を剥がす方向に働かないように工夫するのが、接着デザインの基本です。
(極論すれば、“接着剤を信用するな”ということです。)






トップページへ戻る