化成処理


化学物質を使って、表面に何らかの反応物を形成させることです。

コンクリートの表面のレイタンスを塩酸で取り除くような処置は、(表面に反応物が残らないので)普通、化成処理とは言いません。


〔何のため、何に対して行うのか〕

銅、亜鉛、アルミ、ステンレス、あるいは二トリルゴム、特殊なプラスチック類など、単にケレンを行ってもたいていの塗料やライニング材が、うまく接着できないものに対して、接着できるようにするために行います。
(接着以外の目的のために行う化成処理もあります。)


〔例えばどんなやり方があるのか〕

薬品を使うため、工場で小さいものに対して行うのがほとんどであり、現場で使うのはウォッシュプライマーくらいのものです。
亜鉛に対し、燐酸ソーダ等を含む塗料を塗布して、燐酸亜鉛の緻密な層を作って接着安定性を高めるやり方です。
(ウォッシュプライマーは、塗料メーカーが市販しています。)

ウォッシュプライマーはステンレス等に使うこともあります。

市販の接着プライマー(接着を目的として、対象物に直接塗布する塗料)の中には、化成処理的働きをするものもあります。

化成処理に関しては、たくさんの本が出ていますので、それらを見てください。
接着技術関係の本の中にも、たくさんやり方が載っています。
  (ただし、現場作業の防蝕に使えそうなものは、市販されていないようです。)

               弊社は幾つか市販しています。
         (ファンデーションB1-U ファンデーション#64等です)



トップページへ戻る